3年A組 ドラマ

2019年1月から放送されているドラマ「3年A組 -今から皆さんは、人質です-」は、菅田将暉さん主演の学園ドラマです。

第1話~第3話までで平均視聴率が約11%とかなり高く、人気の高いドラマです。

今回はこのドラマの動画を、タダで快適に見られる方法を中心にまとめています。

 

タダで快適に見る方法

「3年A組」の動画を見るなら、動画配信サイトの「Hulu」をオススメします。

Huluを利用すれば、今から5分後には「3年A組」の動画が無料で快適に楽しめますよ。

 

 

Huluを初めて利用する方向けに「2週間の無料トライアル」があるので、これを利用すればこの2週間は配信されている作品ならどれでも見放題になります。

もちろん「3年A組」も見放題になりますから、第1話から最新話まで無料で見られます。

 

しかもYoutubeとかの無料サイトとは違って、続きの動画もすぐに再生されるし、高画質で邪魔な広告も一切ありません。

つまり「無料で有料クオリティの動画が楽しめる」っていうことです。

 

これは利用しないと損ですよ!

2週間の無料トライアル中に解約すれば1円もお金はかかりませんから、気軽に試してみてください。

使ってみて良ければ、月額933円(1日あたり30円ちょっと)で有料会員になるのも良いですよ。

 

公式サイトはこちら。

 ↓↓↓↓


2週間の無料トライアル 

「3年A組」以外にも、「家売るオンナの逆襲」など人気作品も配信されていますから、色々チェックしてみてください。

※紹介している作品は、平成31年1月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHuluの公式ホームページにてご確認ください。

 

3年A組 あらすじ

ドラマ「3年A組」は、担任教師である柊一颯が29人の生徒たちを人質にとって学校に立てこもるところから始まります。

それは水泳選手として活躍していた女子生徒・景山澪奈がなぜ自殺したのか、その理由を生徒たちに考えさせるためでした。

柊の10日間に及ぶ最後の授業が始まります。

 

3年A組 感想

「三年A組今から皆さんは人質です」というセンセーショナルなタイトルにとても衝撃を受けました。

生徒を人質に取るなんて信じられないと思いましたが、回を重ねるにつれて柊が生徒思いの教師であることがわかってきました。

柊(菅田将暉)は自分の命を犠牲にしてでも、生徒達に真っ当な生き方をして欲しいと願っているのだと思います。

徐々に明らかになっていく澪奈の死の真相からも目が離せません。柊がどのような結末を迎えるのか楽しみです。

 

「言葉は時に凶器になる、ナイフよりも」この言葉が私にはナイフのように刺さりました。

Twitter等を回っていると、どんな顔してこんな文章打ってるんだと思うような罵詈雑言、誹謗中傷に出会います。

そして、自分の人生で1度でもそんな言葉を吐いたことはないと自信を持って「はい」と言えない私がいます。

悪意を持って傷つける人もいる、無自覚に人を傷つける人もいる。
自分が本当に誰かにナイフを振りかざしていないか、見つめ直す良い機会となりました。

 

「3年A組」というドラマは、「今から皆さんは、人質です。」というサブタイトルで、第1話を見た後の感想は、あまり良くありませんでした。

奇抜な設定が目立つドラマなのかなと思っていたのですが、良い意味で裏切られました。

物語が進むにつれて、注目される人物が変わっていき登場人物の隠された部分なども明るみになる物語の展開が良かったです。

主演の菅田将暉さんの演技やアクションも良く、「3年A組」というドラマはとても見ごたえのある作品でした。

 

初めは少し展開に無理矢理なところがあり、セリフも大袈裟すぎると感じながら見ていました。

最終回で柊先生がライブ中継で視聴者に「願い」を訴えるシーンは、ライブ画面とテレビの画面をリンクさせる映像演出があり、作中世界の人々だけではなく現実世界に生きる私たちに対しても向けたメッセージであると強く感じます。

実際にこのドラマはSNSをよく利用している若い世代の人たちも見ているでしょうから、その層により響かせるために、大胆なシナリオでは謎を残しつつ、登場人物たちの心情や考えは明け透けで真っ直ぐな言葉を使っていたのだと考えると、展開の強引さやセリフの大袈裟さには納得できました。

柊先生の「授業」を受けた後に、SNSで罵倒の言葉を踏み止まった男性のHNが「最後の在校生」というのは、洒落が効いていて良いなと思いました。

自分自身も人との関わり方について色々考えさせられましたが、より若い世代の人にこそ見て欲しい、色んなことを考えて欲しいと感じる作品でした。

 

3年A組は今の社会に対してメッセージ性の強いドラマでした。

1話目からクラスの生徒を人質に取り、学校を爆破するという過激な始まり。1日1話ずつ進んでいく物語は最後の最後まで展開が読めませんでした。

snsが市民権を得てから10年くらいは経ったでしょうか。今では有名人のsnsでの発言がニュースになったり、バイトテロなる学生バイトの炎上などもよく目にするようになりました。

そんな身近なsnsの使い方やモラルを考えさせてられる、今っぽい作品でした。

 

3年A組 キャスト

柊一颯:菅田将暉
逢沢博己:萩原利久
浅見沙也:若林薫
石倉光多:佐久本宝
魚住華:富田望生

 

3年A組 主題歌

ザ・クロマニヨンズ「生きる」

コメントは受け付けていません。