未解決の女

「未解決の女 警視庁文書捜査官」は、2018年春に放送されたドラマです。

今回は、この動画をタダで見る方法と、あらすじ・感想をまとめています。

 

 

未解決の女を無料で見る方法

ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官」を見るなら、dTVがおすすめです。

dTVの利用がはじめてなら31日間の無料トライアルあるので、期間中にドラマを見れば無料です。

無料トライアル期間中に自分に合わないようであれば、31日以内に解約をすれば料金は一切掛からないので安心です。

 

もちろん使ってみて良かったら、月額540円(1日あたりたった18円)で配信動画が見放題なので、そのまま有料会員へ移行するのもおすすめです。

ドコモユーザー以外も利用出来るdTVは、国内外の映画からアニメ・音楽・バラエティなど、現在12万作品配信中の国内最大級の動画配信サイトなのであなたの見たい作品が必ず見つかるはずです。

 

公式サイトはこちら。
↓↓↓↓

※本作品の配信情報は30年1月3日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはdTVのホームページもしくはアプリをご確認ください。

 

未解決の女 あらすじ

正義感溢れる肉体派熱血刑事・矢代朋(波瑠)は、無鉄砲な捜査で負傷し、第一線の警視庁捜査一課強行犯係から、未解決事件の文書捜査を扱う文書解読係である、「特命捜査対策室」第6係へと移動を命じられてしまう。

そこにいたのは、他の部署から魔女と呼ばれる文書解読のエキスパート・鳴海理沙警部補(鈴木京香)や、「お遍路」の異名を持つ無口な草加、切れ者だが定時に退勤する係長財津だった。

地下の「倉庫番」と揶揄されていた部署は、矢代によってもたらされた熱意にほだされた6係は未解決事件解決への捜査へ乗り出していく。

 

未解決の女 感想

未解決の女 警視庁文書捜査官で一番印象的な所は今までに見たことの無い様な組み合わせのバディ物の刑事ドラマな所でした。

1話の矢代朋は負傷から復帰したばかりで窓際部署に左遷されてしまったにもかかわらず、配属された先でも熱心に捜査に取り組んでいき、その捜査への熱意が過去のトラウマで心を閉ざしていた先輩刑事達に伝わっていき未解決事件を解決へ導いていく様子は熱い展開でした。

 

事件を解決していくうちに、6係や文書解読のエキスパートである鳴海に対しても正当に評価が上がっていくところもこのドラマの面白いところでした。

最終章では原作のトリックを採用していることもあり、このドラマのタイトルが分かるストーリーになっているので、最終回まで楽しめると思います。

ぜひ多くの方に見て貰いたいので、31日間無料トライアルのあるdTVを利用してはいかがでしょうか。

 

コメントは受け付けていません。