ゴブリンスレイヤー アニメ

2018年から放送されているテレビアニメ「ゴブリンスレイヤー」ですが、今回はこのアニメをタダで見る方法をまとめています。

YoutubeとかAnitubeは使わないんで、スマホやタブレットでも快適に楽しめますよ。

 

 

ゴブリンスレイヤーを見るなら動画配信サイトをうまく使おう!

「ゴブリンスレイヤー」をタダで見るなら、dTVAmazonビデオを利用しましょう。

 

Amazonビデオは、Amazonのプライム会員なら今すぐ利用できる無料のサービスです。

dTVほど動画数は多くないですけど、アニメ「ゴブリンスレイヤー」が見放題になっていますから、タダで好きなだけ見る事が出来ます。

今すぐ見るならこちら。

Amazonビデオで「ゴブリンスレイヤー」を見る

 

今プライム会員じゃなくても興味がある方は、30日間の無料体験を利用してみて下さい。

30日間はAmazonビデオも見れるし、お急ぎ便とか日時指定便も好きなだけ利用出来ますよ。

30日以内に解約したらお金はかからないままなんで、とりあえず試しに使ってみるのもアリだと思います!

30日間の無料体験はこちらから。
↓↓↓↓

 

プライム会員は年会費3,900円ですから、1か月あたりたったの325円です。

買い物とかもAmazonでしている方なら、利用して損はないサービスだと思いますよ、

 

Amazonのプライム会員に興味がない方には、dTVをオススメします。



dTVは国内最大級の動画配信サイトで、Amazonビデオと同じくアニメ「ゴブリンスレイヤー」が第1話から最新話まで見放題になっています。

dTVはもともと月額540円(税込み)と有料のサービスですけど、最初の31日間は無料トライアルがあります。

 

この31日間はどれだけアニメを見ても無料だし、31日以内に解約すれば1円もかかりません。

この辺もAmazonのプライム会員無料体験と同じですね。

 

ただし、dTVは見放題動画と有料動画を合わせると約12万作品とかなり動画数が多いですから、「ゴブリンスレイヤー」以外にも観たかったアニメ・映画・ドラマが見つかると思います。

無料トライアルをとりあえず使ってみて、それから有料会員になるか解約するかを考えればOKなんで、気になる方はdTVを一度利用してみてください。

 

有料会員になっても、1日たったの18円ですから結構安いですよ!

Youtubeとかを使うより動画が簡単に見つかるし、第1話から一気に見るのも楽なのでオススメです。

dTVの公式サイトはこちら。
↓↓↓↓


ゴブリンスレイヤーのOPはMili

アニメ「ゴブリンスレイヤー」は、Mili(ミリー)というバンドの「Rightfully」 という曲がOPになっています。

「Rightfully」は、ゴブリンに実の姉を弄ばれた挙句殺された主人公「ゴブリンスレイヤー」の心の闇を移したような曲で、かなりカッコイイです。

 

ちょっとグロテスクな表現もありますが、MVはこちらです。

↓↓↓↓

 

ゴブリンスレイヤーの感想など

ゴブリンスレイヤーはマンガも読んでましたけど、マンガから入ってもアニメは違和感はありませんでした。

もともと異世界系の作品は好きなんですけど、ゴブリンスレイヤーは超人的な強さではない主人公が、復讐のためにゴブリンの生態を知って戦略を立てて戦って・・・っていう展開が特に好きですね。

単純に強すぎる主人公も見てて面白いんですけど、ゴブリンスレイヤーはハラハラする展開も多いんで飽きません。

 

子供並みの強さっていうゴブリンが、いきなり集団で冒険者をボコボコにしてて驚きましたけど、単体で今日的なドラゴンとかに挑む冒険ストーリーじゃないのが新鮮でした。

まさに数の暴力って感じですね。

 

アニメ版「ゴブリンスレイヤー」はハイエルフやドワーフ達が出てくるのが早くてビックリしましたけど、飽きない展開で楽しめます。

マンガは結構グロテスクな表現も多いですけど、アニメ版は結構抑えられてると思います。

マンガで一番ビックリしたのが、ゴブリンが人間の女性を盾にして進んでくるっていう「肉の盾」のシーンなので、アニメでどう表現されるのかがちょっと気になります。

よく考えたら、肉の盾は重すぎてめちゃくちゃ使いづらそうですけどね(笑)

 

ゴブリンスレイヤーは、Amazonビデオのレビューが181件で★3.5なので、まあまあの評価です。

私はAmazonビデオで一気に最新話まで見ちゃうぐらい楽しめたんで、まだ観れてない方にもオススメ出来ます。

 

本作品の配信情報は30年12月2日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはdTVのホームページもしくはアプリをご確認ください。

 

コメントは受け付けていません。